FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

[Retro] 2008年7月、iPhone3G

先日報道された、我らが アイブの Apple 退社のニュース は衝撃だったが、今後も Apple との関係は続くらしいし、当面大きな変化は起きないだろう。長期的にはわからないが。

さて、それくらいしかニュースはないので アレをつづけておこう

レトロ モバイル年表4 retro iPhone3G 11


iPhone 3G

・発売日:2008年7月11日
・カテゴリ:スマートフォン
・OS : iOS(当時 iPhone OS)
・サイズ: 115.5 x 62.1 x 12.3 mm
・重量: 133 g
・ディスプレイ:3.5 インチ / 320×480 pixel
・通信:3G / Wi-Fi(b/g), Bluetooth 2.0 + EDR

とうとう「そのとき」まで遡った。

モバイルの歴史を「近代」と「現代」で分けるとするならはここが「現代」の始まり、境目となるだろう。

当時ひとりの「天才」は「電話を再定義した」と言っていたが、10年経った今から振り返れば「そのとき」は「人のライフスタイルを再定義」することになる地点。

とはいえ「そのとき」は、こと日本においては1年遅れでやってきたのはご存じのとおり。
なので、まだその序章。

ただ一点、極めて重要な機能は、このときやってきた。

○ App Store

日本においては初代となる iPhone 3G リリース時にすでに使えていたのであまり意識されていないが、App Store は iPhone 3G 発売の2008年7月10日にサービス開始 している。

iPhone は、すでに存在する複数のテクノロジについて、それぞれをユーザ目線で洗練させ、それらを有機的に組み合わせて「イノベーション」したわけだが、「App Store」の存在は間違いなく今の「スマホ時代」を形成することになる最も重要な機能のうちのひとつ。

ただの「アプリストア」であれば Nokiaの特許
そもそもガラパゴス日本にも iアプリストア が存在していたし、Apple も参考にしていたという。
さらには、iPhone 本体側としては、すでに 初代 iPhone(オリジナル iPhone)の iPhone OS 1 時代に JailBreak の「Cydia Store」で実現 していたし(笑

今の App Store の特徴は以下のとおり。

・アプリのインストールは App Store のみに制限
・App Store への登録は審査が必要
・アプリ作成は Xcode による SDK を利用して作成

上記2点についてはメリットデメリットがあり、今となってはその判断は「成功」だったということになるのだろうが、筆者も当時は『全アプリの審査なんてムリだろ〜』『Apple のさじ加減一つじゃーん』と考えていた。
事実、「App Store 独占」は今でも煙がくすぶっている。

ところが3点目についてはメリットしかないし、しかもデザインを重視する Apple ならではの特徴もあった。

当時、コアとしては iOS よりも前に存在していた Android OS が iPhone の登場によって今のように「スマホ向けOS」として提供を開始 した頃、「Android Market(今の Google Play)」に並ぶアプリたちは、デザインもインタフェースもバラバラで、見た目も「とりあえず作りました」的なものが多かった。

ところが当時から iPhone の AppStore に並ぶアプリたちのインタフェースは統一され、デザインも一定の美しい統一されたものになっていた。

使い側からしても、作る側からしても、これは大きなメリット。

この結果として、App Store は ジョブズの想像を超える ほどの規模となり、「スマホ」が確立し、我々の生活も一変することとなる。

# 今にしてみると、任天堂の「ファミコンとカセット」についての戦略に対するソフトウェア版みたいだね。



スポンサーサイト
レトロ | コメント:0 | トラックバック:0 |

[News] 12インチ MacBook 販売終息

やばい … 久しぶりに寝込みそうなニュースが …。


アップル、MacBook AirとMacBook Proの価格を大幅引き下げ。約12万円から - PhileWeb

アップルは、MacBook AirとMacBook Proをアップデート。ともに価格を大幅に下げたエントリーモデルを新たにラインナップした。

なお、今回のMacBook Airの値下げに伴い、従来の12インチMacBookはラインナップから削除された。

はじめ『ふぅ〜ん、MBA と MBP 安くなったんだ〜』くらいに読み進めていたところ …。
『ノーっ!おーまいがっ!!!!』

もちろん、それは MB の販売終了の話。

筆者にとって 事実上初の Mac がこの MB

あまりにも気に入ったので、その後現在の形になった MBP も購入、でもやっぱり重すぎるのでモバイル用の MB は 2017年 に当時の最新型に買い直していた

そして、今もこの MB「MacBook (Retina, 12-inch, 2017)」で書いている。

5月くらいにポイント還元とかをやたらとやっていたときも『せっかくだからもう1台バックアップで追加購入しようかな…』なんてことを考えていたくらいだ。

いや、もちろん 半年前に発表された MBA の重さが MB の 920g を下回ってくれているなら、なんの問題もない。
であれば確かに MB の存在価値はないだろう。

でも、その MBA は 1.25kg もある。
300g も違いがあるのに、なぜにいっしょのくくりだというのか?

当時も 「MBA が出た今となっては MB はゴミ」的な論調が目立ったが、まさか本当にそうなるとは …。

ここに、アップルは好き嫌いが分かれていた12インチMacBookの販売を中止 という記事があり、非常に興味深かったが、古参ユーザが否定的なのはこの MB から始まる「Type-C しかない」「バタフライ式キーボード」の 新シリーズの Mac 全体ではないのか、と思ってしまう。

… まぁ筆者はそこが好きなのだったのだが。

さっそくアキバの Sofmap Mac collection の 中古 Mac が置いてある 3F に行ってみたが、確かにわかった。
MacBook が何十台(100台超えるか?)も置いてあるのに、なんと MB は 3台しか置いてなかった。
どれだけ売れていないかがわかってしまった。
(逆に、MB が気に入り過ぎて誰も売らないから … ではないだろう)

今後は整備品などを定期巡回し、バックアップを購入しよう。

近い将来、700g 台の MacBook Mini が出るその日まで。
(↑永遠にこねーよ)



スマートフォン | コメント:0 | トラックバック:0 |

mineo Dプラン を Sプラン に変更した

先日、IIJ から eSIM サービスβ版 開始予定のニュースリリース が。
非常に興味があり、iPhone Xs MAX で利用できるようなので、これはサービス提供開始されたら契約したい。

さて、その前に。

現状の筆者は MNO のドコモ と mineo の Dプラン & Aプラン を契約しているが、先日の docomo with 施策で iPhone7 を入手し、A プランの SIM を入れたのだが …。

event190623 mineoSB 41

テザリング項目が出てこない。

筆者は昔からこの mineo Aプラン で、主に iPad にてテザリングを利用してきていたがこれは非公式な方法で、正式にはなんと昨年10月末から提供 されている。

で、なぜ今回の iPhone7 ではテザリング項目が出てこないのかは、正確なところはわからないのだが、ひとつ言えることは筆者の Aプランの SIM は古いタイプだから、ということ。

iPad mini 5 07

上述の公式の方法は「au VoLTE対応SIMカード」でないといけないところ、筆者は未だに古い Android でも利用できるように 非VoLTE SIM のまま。

この 非VoLTE SIM でテザリングできるかどうかは iOS のバージョンなどで決まるらしく、昔の iOS では出来ても今のバージョンでできるかどうかはわからず、結局現行の iOS12 ではどうやってもできなかった。

ということで前置きが長くなったが、『いよいよこの SIM を VoLTE 対応SIM に変えるか … でも3000円払ってそれだけってつまらないしな…』と悩んでいたところ、良い方法を思いついた。

どうせドコモは MNO 契約のがあるんだから、mineo Dプラン を Sプランに変えて iPhone7 に入れよう、と。
(mineo A プラン SIM は その非公式な方法でテザリングも出来ている iPad mini 5 でそのまま継続)

mineo 契約者ならマイページから簡単。
「プラン変更(→ A/D/S プラン)」。

event190623 mineoSB 11

Sプランだけ月額料金も割高なのが玉に瑕だが覚悟の上。

event190623 mineoSB 12

プラン変更なだけなのに本人確認が必要だった。
表面上はあくまで mineo の中でのプラン変更だが、MVNO から致し方ないのだろう。

event190623 mineoSB 14

完了。

event190623 mineoSB 16

20日の夜に申し込んで、SIM が届いたのは 23日。

SIM を iPhone7 に入れて、Wi-Fi 経由でプロファイルダウンロード、インストール。

event190623 mineoSB 61

さぁ、切替いってみよう。
切替は 9〜19時 なところだけ注意。

event190623 mineoSB 18

毎回ちょっとビビるのが、なんとなくこの手のものはこのあと「確認画面」がありそうなところ、すぐに …。

event190623 mineoSB 19

こうなる。
まぁ、ここまで来て引き返す人はいないからね。

さて、圏外表示のところ …。

event190623 mineoSB 51

30分経ってもピクトが立たないので、再起動したところ …。

event190623 mineoSB 52

あ、立った。

さて、何はともあれテザリング。

event190623 mineoSB 65

あぁ、よかった、ちゃんとテザリング項目があった。当たり前だが。

せっかくなので Google ご謹製スピードテスト。

event190623 mineoSB 71

わぉ。


ともかく、これで現代風の3キャリア体制が整った。


スマートフォン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT