FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

MacBook Pro (13-inch, Late 2016) を修理に出そうとしたが … その2

つづき

あまりにも久しぶりなのでジーニアスバーをどう予約するのか忘れてしまっていたが、ここからジーニアスバーを予約 するだけ。
たまたまなのかもしれないが、この日の前後数日分は前日、当日朝になってもけっこう枠に余裕があった。

『こんな症状なんですよー』
「へー、こんなの初めて見ましたねー」

なんて会話を繰り広げ、お兄さんが iPad で提示してきたのがコレ。

「修理費は、51,000円 です」
『 … えっ!?』

なにかもう一つやり方があったようだが、むしろ 51,000 円よりも高くなって「修理するならこの 51,000円 の方がよいですね」だって。

どうやら、お兄さんも型どおりの対応を一通りこなさないといけなかったようで、「で、ですね …」と。

・保証期間を過ぎたものは、どうしても有償にせざるを得ない
・リコール対象は別
・今でも対象となっている「コーティング剥がれ」なら、まだあと1年近くの猶予が …

「わたしなら、修理しないですね。まだ使えるのでもっと使い込んでからです」
『そうですか…』
「せっかく、わざわざお越しいただいたのに申し訳ございませんが …」
『いえいえ、ありがとうございます』

と繰り広げ、滞在時間10分程度で撤退。
… 玉砕!

で、帰り道に『お兄さんがヒントで言ってたの何だっけ …?』と思い出した 「液晶コーディング剥がれ問題」を調べた。
2016年秋から3年(一説には4年)間は有効らしい。


筆者は持ち歩いておらず、たいして利用していないのにこの状態となったことを考えると、恐らくこれは確実に起きる。時間の問題だ。
すでに発症してしまった筆者はそのうちリコール対象になることを祈っているが、まだ発生していない人は、急いで売っぱらって2018年度モデルに買い換えた方が良いだろう。


スポンサーサイト



ノートPC | コメント:0 | トラックバック:0 |

MacBook Pro (13-inch, Late 2016) を修理に出そうとしたが … その1

最初の1週間 をのぞき、自宅で利用中だった MacBook Pro (13-inch, Late 2016) 。

mbp2016 01 mbp2016 21

半年くらい前から、ディスプレイの調子が悪くなってきた。

全体的に暗く、そのため最も明るくすると下部がこんなカンジに。

mbp2016 故障 01

数ヶ月すると、完全に開ききった際にバックライトが全くつかなくなった。
それが次第にヒドくなっていき、今では90度をちょっと越えたあたりで真っ暗。

逆に、ほんのちょっとだけ開いた状態ではこうこうと光っており(ほんの数度だけ開いた状態なので全く使えない)、10度、20度と開いていくと徐々に暗くなっていく。
なので『センサの処理が悪いのかな?』と思っていた。

そこで「Mac ディスプレイ つかない」などとググると対処方法がいっぱい出てくるので、一通り「なんたらリセット」なるものを試すもいっこうに改善しない。

90度くらいではふつーに使えていたのでそのまま利用し続けていたのだが、とうとう90度でもつかなくなり『こりゃマズいな』と。

そこで本格的にググると『あった、これだ』。
しかも 2018年モデルでは改善している 模様。

つまり、完全なハード障害。

ということで重い腰を上げ、おそらく「初代 iPod touch の日本語Windowsでアクティベーション出来ない問題」以来となるジーニアスバーに向かうことに。

つづく。

# 結論を先に言うと、直しませんでした。

ノートPC | コメント:0 | トラックバック:0 |

悩んで危なくポチるところだった

危なかった …。


「VAIO SX14 ALL BLACK EDITION」の無刻印キーボードがかなりイケてて即買いレベル - engadget

1月17日に発表されたVAIOの新モデル「VAIO SX14」。14インチ、4K解像度、PD対応USB Type-C、さらに向上したVAIO TruePerformance(VTP)など、性能的にはかつての最高峰「VAIO Z」を大幅に凌駕する仕様が注目されています。

お〜。
筆者はホワイト or シルバー派なためブラックの優先順位は低いのだが、ここまで真っ黒だとちょっとかっこいい…。
HHKB 無刻印バージョン みたい。

筆者のメインモバイル PC は相変わらず MacBook 12インチ なわけだが、920g と昔から『本当はムリな範囲だけどギリギリ許している』くらいの重さであることと、さすがに数年このデザインで使い続けてきて正直デザインに飽きてきた。

ディスプレイが 4K も選べ、Apple ものでいらつく 公衆無線 LAN がつながらない問題を解決する SIM 内蔵。
MVNO の存在や、MNO でもパケットシェアが当たり前の時代になり、メインとは別 SIM にすることのハードルはほとんど無いこの時代。まさにこれを求めていた。

… いいじゃん!MBA が残念だったので、久しぶりに元カ○の VAIO にちょっと浮気をするのもいいかも …。

積算してみよう。

VAIO SX14 | ALL BLACK EDITION - ソニーストア

event190120 VAIO SX14 購入 01

うぇ〜、こりゃ、久しぶりの大モノだな〜。
そもそも VAIO 株式会社 になってから PC は購入してないし(VAIO Phone は買ったけど(爆)、そろそろ貢いでやるかな … ?

と思って、過去の貢ぎっぷりによる高級会員割引がどこまで適用されるか真面目にチェックしようとしたとき、『あれ?その前に…』と思って調べてみると …。

VAIO® SX14 | ALL BLACK EDITION 主な仕様 - ソニーストア

event190120 VAIO SX14 購入 02

「質量 約1015~1045g」

あっぶね!

最近では 2in1 ではないふつーのノートPC なら 例の富士通の 700g をきった ノートPC が存在し、筆者も業務ではそれを使っていることから、なんとなく画像イメージが近かったためかかぶせていた。

MB の 920g を切っていることが大前提だったので、危なかった!

… しゃーない。
もうひとつのプロジェクトで進めるか …。


ノートPC | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT