FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

[Retro] 2007年3月、EM・ONE その3

つづき
ハードウェア面について、もうひとつ思い出した。

これについては、正確には iPhone がトリガーというわけではないが、明らかに iPhone 登場近辺で変わったこと。

それは USB 充電。

充電 AC→USB 02

今でこそ、ヘタすると「USB といえば充電」というくらい普及し、最近ではシェーバーすら USB 充電 できる時代となったが、もともと USB は PC とその周辺機器の「通信」がメインであり、PC の周辺機器であるマウスやキーボードを駆動させるのに必要となる「給電」がさらに発展し、USB2.0 でベース規格上 5Vx0.5A で充電 できるようになった。

それでも当時のみんなの認識は、漠然と「PC につなぐと充電できるね」「やっぱり充電はACアダプタだよね」くらいだったところ、ブレイクスルーを起こす機械が登場した。

そう、それが AC-USB 充電器。

充電 AC→USB Filco 2A 01

筆者が初めてこのタイプのものを購入したのは、忘れもしない、今や伝説のショップ(いや神話かな…)となった名古屋は大須のコンプマートで、突然の閉店となった 2005年4月 の半年ほど前のことと記憶する。

初代 iPhone は 2007年発売 なので、ちょうどタイミング的にもこの頃。

ちなみに初代 iPod touch に付属していたものを、今改めて確認してみよう。

retro iPod touch 1st 51
# 諸事情あり、ちょっとボコボコ。

オープン!

retro iPod touch 1st 52

がーん。
なぜか付属品が無くなっている …。

説明書は残っていたので確認しよう。

retro iPod touch 1st 54

どうやら AC アダプタは付属しておらず、USBケーブルのみだったようだ。
さすがに iPod touch なので外出先で単体で利用することはない想定だろうし、まだまだ PC がある前提だったのだろう。

この頃は一般ユーザでも PC が必要だった時代。

その翌年 iPhone 3G を迎えて、今でも存在する iPhone 純正 ACアダプタが付属する ようになる。
当時『こんな小さな AC-USB充電器初めて見た!しかも超おしゃれ!』と感動した記憶がある。

「現代」において、PC は iPhone4 の頃からスマホに追いやられている 状況だが、こと「充電」においてはこの頃から「PC離れ」が始まった、といえよう。


スポンサーサイト



レトロ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |