FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

[News] 2019年7〜8月、ニュースフラッシュ その2

つづき


2画面ノート「ZenBook Pro Duo」は普通のノートがもの足りなくなる新感覚の快適さ - PC Watch

ASUSは8月30日、15.6型のメインディスプレイと14.09型のサブディスプレイを搭載したフラグシップノートPC「ZenBook Pro Duo」の国内販売を発表した。

モデルとも、メインディスプレイに15.6型4K有機EL、「ScreenPad Plus」と名づけられたセカンドディスプレイに14.09型UHD液晶を採用し、外部GPUに「GeForce RTX 2060(GDDR6 6GB)」を搭載している。

ZenBook Pro Duoの本体サイズは359×246×24mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.5kg。

2画面搭載ノートPCというコンセプトを実用的なかたちで実現
 さて、サブディスプレイ「ScreenPad Plus」を搭載したZenBook Pro Duoの使い勝手だが、非常に実用的というのが誇張なしの感想だ。

 従来モデル「ZenBook Pro 14/15」に搭載されていたScreenPadは、ホームポジションに手を置いたさいに画面が隠れてしまったため、ランチャー、ユーティリティ、拡張ディスプレイとしては個人的には使いにくく感じていた。

 しかし、ZenBook Pro DuoのScreenPad Plusはキーボード奥にあるので手で隠れてしまうことはない。また、メインディスプレイのすぐ下に配置されているから、視線の動きが最小限だ。画面サイズも拡張ディスプレイとして十分な広さが確保されている。

 実際、今回の原稿を書くさいにZenBook Pro Duoを使ってみたが、メインディスプレイに2画面、ScreenPad Plusに2画面を配置したPC作業はじつに快適だった。一度この環境に慣れてしまったら、一般的なノートPCが狭苦しく感じられるほどだ。

タッチパッドがサブスクリーン になるものが登場して以降、着々と進化しているようだ。

非常に面白い。
是非これを、せめて 800g 台のモバイルPCに搭載して欲しいところ。


これでiPadが完成しそう感。キーをなぞるとタッチパッドにもなるBluetoothキーボード - Gizmodo

便利そうなので流行るのもわかります。

つい先日、キーの上でタップやスクロールができるハイブリッドなキーボード「Prestigio Click&Touch」を取り挙げたばかりですが、ほかにも考えている人はいるようで、今度は韓国からも同じコンセプトのタッチパッドになるキーボード、「Mokibo」が登場しました。

これだとマウスが不要で、キーボードの上で指を滑らせるだけでトラックパッドになります。

ほう。

今秋リリース予定の iPadOS13 「にも」対応ということは、現行のマウス非対応の iOS でも使えるということになる。
むしろその方が興味深いが、もうここまできたら普通のマウス対応というウワサである iPadOS13 で普通のマウスを使った方が早い、かな。

あとは、地味ながら筆者も昔から答えが出ないスタンド機構問題に対しても、何かしら答えて欲しいところ。


英国発、キーボード搭載Linux/AnrdroidデュアルOSの6型デバイスが日本上陸 - PC Watch

 株式会社リンクスインターナショナルは、英Planet Computers製Androidクラムシェルデバイス「Cosmo Communicator」の国内販売を開始する。

??。
結構前に、すでに国内販売してなかったけ?
現に筆者も、数ヶ月前に秋淀で実機を触った気がしていたが …。

まぁいいや。
筆者にはキーボードと同じくらいポインティングデバイスも重要、と気付いてしまったので。

つづく。

スポンサーサイト



総論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |