FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

AirPods Pro をポチってしまった

お昼休み前、一息ついた時間にふとニュースを見ると …。


アップル、ノイキャン搭載の「AirPods Pro」を10月30日発売。27,800円 - PhileWeb

アップルは、完全ワイヤレスイヤホンの新モデル「AirPods Pro」を、10月30日より発売する。オンラインストアでは予約販売を開始しており、価格は27,800円(税抜)。

『をっっ!』

確かに1ヶ月前くらいから、やたらとウワサは流れており「Apple が10月最終週にイベント開催」「そのときに発表」「10月末に発売開始」的なことではあったが …。

『こんなドライヤーみたいなヤツ、ホントに出るんかいな』と思っていたら、まさか本当になるとは。

致し方ない。いるかどうかはともかく、状況だけ確認しよう。
iPhone の AppleStore アプリ。

AirPodsPro 購入 01

おぉ。

AirPodsPro 購入 02

「出荷日:1営業日」

そうか …。まだ最短か …。
ただポイントを考えると …。

AirPodsPro 購入 13

「5%還元」は憧れるが、例の問題の「発売日以降のお届け」。

うーむ、致し方ない。

AirPodsPro 購入 08

結局、Apple Online Store でポチ。

その後15時くらいに見たときも、なぜか表現が変わって「お届け予定日:2019/10/31」となっていたものの、結局同じことなので『なんだよ …、1秒を争って早くポチってやったのに … くそっ』と唇を噛んだが、23時頃に見たら「出荷日:1〜2週間」になっていた。

『ぐひひっ』

こうして、今回も無事に … 。
… あれ? あれ!??


スポンサーサイト



ウェアラブル | コメント:0 | トラックバック:0 |

[Retro] 2007年10月、ドコモ「PC向けパケット定額プラン」開始

この秋、「第4のキャリア」として MNOの楽天モバイルが苦労しながらもプレスタートしているニュースが流れている が、もう少し長い目で育ててあげて欲しいところ。

楽天モバイル記事で、たまに引き合いに出される「イー・モバイル」。
前回 EMONE を取り上げた が、これはイー・モバイルが 2007年3月31日にキャリアサービスをスタートすると同時に発売した最初の PDA 端末だった。

retro EMONE 11

当時のイー・モバイルは、ドコモ、au、SB(この1年前である2006年3月に Vodafone を買収済み)という携帯3社に対して第4の携帯キャリアとして参入している。当時、他に Willcomもあったが(同じくその2年前の 2005年2月 に DDI ポケットから社名変更済み)、最期の XGP も含めて最後まで PHS にこだわった会社だった。

イー・モバイルがとにかく画期的だったのは、ケータイ以外の端末(PC など)から繋げても定額な携帯(当時は 3G でもダウンロードで 3.6Mbps 出る HSDPA)サービスだったところ。むしろ最初の1年間は音声サービスを行っていなかったくらい、データ通信にシフト会社だった。

当時はまだガラケーが全盛期で、ガラケーからの通信であれば「パケホーダイ」による定額が当たり前だったが、その他の PDA(ドコモ販売の PDA であれば「Bizホーダイ」が使えた) や、ましてや PC からの接続には定額サービスが存在していなかった。

唯一、上述の PHS のみが端末フリーなモバイル定額を実施しており、32kbps から始まった AirH" も、2007年当時には最高 400kbps 程度まで高速化していたものの、月額料金は強気な 5,800円(+プロバイダ代)。これに対し、なぜか天下のドコモから「AirH" よりも廉価」を謳う @FreeD を提供していたが、ドコモ PHS サービスは 2008年1月 にサービスを終了することになる。


つまりまとめると2007年当時、海外PDA や PC をモバイルで使いたいなら、最高 400kbps 程度の AirH" を 月額 6,000 円程度で契約するか、ちらほら HSDPA で 3.6Mbps 出るようになった携帯(3G)も使えるけど料金は青天井、の2択しなかったところに、イーモバイルが HSDPA かつ 月額5,980円 で乗り込んできたのだった。

そこで慌てたのが ドコモ。その半年後の2007年9月にこんなプランを新規提供し始めた。

新たにPC向けパケット定額プランなどを提供

約款上は月額上限 10,000円だったが、限定で 5,700 円 or 6,400 円だったものが、恒例の恒久化に。

定額データ割
定額データスタンダード割
定額データスタンダード割2

こうして、3.6Mbps で端末フリーな時代が幕を開けた。
筆者もこの頃は、当時のPC向けデータ定額プランの比較 などをして、興奮した時期だ。

その後、LTE による「ギガ制限化」、SB によるイーモバイル買収によって時代が逆戻りしたのは記憶が新しい。


何が言いたかったのかというと、結局3社寡占は何も新しいものを生み出さない。
5G を向かいいれるにあたり、「新4極」の存在は必要だと思う。


レトロ | コメント:0 | トラックバック:0 |

[Tips] モバイルSuica で T字定期券をオンラインで購入する方法

# はじめに書いておきますが「オンライン」は語弊があります。

筆者は季節によって徘徊ルートが異なるため、定期券のルートも異なる。
そして問題になるのが、春秋は「T字定期券」が欲しくなること。

過去、物理カードのT字定期券を iPhone に吸い出した のは良いが、継続するときに問題が起きた。

上述のとおり毎回同じルートでは更新をしないので「継続購入」ではなく、T字定期の季節になると「新規購入」→「前回内容から購入」をしたいのだが(通常定期券ならこれで問題ない)、この場合は「購入履歴は現在ありません(3090)」と表示されてしまう。

恐らく吸い出しのため、「前回の購入履歴」という扱いではないだろう。

ということで、過去のメモによると「050-****-****」という電話番号に電話をかけることで人が対応してくれるらしいことがわかったのだが、『メンドイな…』ということでなかなか腰が上がらなかった。

そこで久しぶりにググることに。
すると …。


アプリ操作で買えない区間・経路の「通勤定期券」を新規購入したい。

次のような区間・経路の定期券は、モバイルSuicaアプリの操作のみでは新規購入できません。
                    
× 発駅/着駅ともにJR東日本の駅でない場合---アプリは発駅にJR東日本の駅入力が必須
(例)「成増」~東武線~「池袋」~JR山手線~「渋谷」~東急線~「二子玉川」
               
× 重複や折返しの区間を含む場合---アプリでは経路指定不可
(例)「品川」~東海道線~「横浜」~横浜線~「町田」 ※ 東神奈川~横浜間が重複

【アプリで新規購入できない通勤定期券】
ご希望の定期券区間・経路を◆専用申込みフォーム(下記リンク)にて申請してください。

https://secure.okbiz.okwave.jp/appsuica/helpdesk?category_id=85

ご申請いただいた定期券区間情報をお客さまのSuica上に作成し、メールにてご案内いたします。
その後、モバイルSuicaアプリにて購入手続き(※)を行います。

『専用申込みフォーム???』
いつの間にか、そんなものが出来ていたのか!?

ということで、さっそく申込み。

おサイフケータイ Suica特殊区間 申込み01

いくつかある情報のうち、本当に重要なのは「ご連絡用メールアドレス」「会員登録情報:メールアドレス」「SuicaID番号」っぽい。

「定期券区間」の入力はフリーフォーマット。
つまりこのあと人間が見ることは間違いなく、人間が見て確実に一意のルートがわかるように入れさえすれば何とかしてくれるのだろう。

おサイフケータイ Suica特殊区間 申込み02

逆に言うと、返事はかなり遅くなる可能性がある。

おサイフケータイ Suica特殊区間 申込み03

筆者が申し込んだのは 朝8時30分頃。
明日には使いたいな …。

と思っていたところ、メールが来たのは 12時10分頃。


JR東日本よりご回答(モバイルSuica)

大変お待たせいたしました。お客さまのSuicaに申請内容どおり定期券情報を作成いたしました。

【重要なお知らせ】 ※購入前に必ずお読みください。

お手続きは、Suicaアプリケーション/モバイルSuicaアプリのみで行えます。改札内(Suicaで交通利用中)や、会員メニューサイト(PC・ブラウザ)でのお手続きはできません。なお、購入手続きは本日より14日以内、かつ使用開始日の14日前より可能となります。

【購入操作手順】 ※改札内では操作できません。

Suicaアプリケーション/モバイルSuicaアプリにログインします。

「チケット購入・Suica管理」画面で「定期券」を選択します。
※ Suicaアプリケーションでは、Suica一覧画面の右下をタップ。
※ モバイルSuicaアプリでは、メニュー画面のチケット購入タブをタップ。

定期券の予約があり購入してください」と表示が出ますので「OK」をタップ。


ほう。
さっそく iPhone 上で操作しよう。

おサイフケータイ Suica特殊区間 12

わぉ。ホントだ。
なお、書いてあったとおり「使用開始日」と「期間」はこのあと変更できる。

おサイフケータイ Suica特殊区間 14

ということで、電話することなくT字定期券を利用することができるようになった。
これなら今後もちょくちょくルートを変更することもできそうだ。


ウェアラブル | コメント:0 | トラックバック:0 |

REON POCKET インナーサイズ変更

週末、大量に来ているインターネットメールを処理していたとき、DM を削除しまくっていたら危なく勢いで削除するところだった。


10月2日 17時42分
【First Flight】REON プロジェクト 「インナーサイズ選択方法」のご案内 - First Flight

この度はFirst Flightをご利用いただき、誠にありがとうございます。

REON POCKETのインナーのサイズが選択いただけるようになりました。

選択期間は■10月16日(水)17:00まで■となりますので、
下記の手順でお早目にご選択をお願いいたします。
※期限までにご希望のサイズを選択いただけない場合は"Mサイズ"が選択されます。


サイズの選択方法

1. 下記のURLから、First Flight My Pageにアクセス
  ※ご購入いただいた際のIDでログインしてください

https://first-flight.sony.com/mypage

2. 支援したプロジェクト REON POCKET 枠内にある
「サイズを変更する」ボタンをクリック

3. インナーサイズ変更画面内のチェックボックスで、
  ご希望のサイズをお選びいただき、「サイズ変更決定」ボタンをクリック

4. 支援したプロジェクト REON POCKET 枠内の
インナーサイズがご希望のサイズに変更されていることを確認

今後とも、First Flightをどうぞよろしくお願いいたします。

今日時点で覚えている人は 100% いないだろう、ここでポチった REON Pocket

インナーのサイズ変更は明日15日の17時までらしいので、デフォルトのMサイズから変更したい人は忘れず変更しておこう。

ReonPocket サイズ変更 12


ウェアラブル | コメント:0 | トラックバック:0 |

ドコモ、2019年冬春モデルを発表


ドコモ冬春モデル発表。「Xperia 5」「Galaxy Note10+」「AQUOS zero2」のスリートップ - engadget

NTTドコモは、2019年冬モデル〜2020年春モデルのラインナップを発表しました。

スマートフォンは5機種で、このうち3機種が高性能はハイスペックモデル、2機種は価格を抑えたスタンダードモデルです。
また、VoLTE対応のらくらくホンやeSIM対応のキッズケータイ、BS4Kも視聴できるドコモテレビターミナルなども投入されます。

Galaxy Fold で注目された 先日の au の新製品発表会 に続いて、ドコモも発表会を行ったらしいが、ネット上ではあまりにも空気すぎて気づいてなかった。

社長が「時代が変わった」とか言っていたらしいが、毎年この冬春には 2画面スマホの M とか カードケータイ とかドコモらしいことをやっていたのに、残念。

5G を見据えたポストスマホも全然見えてこないし、逆に 5G そのものの現実が見え始めているし …。
う゛ーむ …。


スマートフォン | コメント:0 | トラックバック:0 |

au、Galaxy Fold 含む 2019秋冬モデルを発表


au独占の「Galaxy Fold」や「Xperia 5」「Xperia 8」などラインアップ KDDIが2019秋冬~2020春モデルのスマートフォン9機種を発表 - ガジェット通信

KDDIは10月10日、2019秋冬~2020春モデルのスマートフォン9機種を発表しました。

Samsung Electronics製の「Galaxy Fold SCV44」は、閉じた状態で約4.6インチ、開いた状態で約7.3インチになる、折りたたみ画面を搭載するスマートフォン。

2019年10月25日に発売を予定。

もちろん注目は「Galaxy Fold」。日本ではキャリアから、しかも au からというのは意外だった。
しかも「独占」とある。

発表された今年春には 筆者も興奮して原宿に行った が、そこでも発表会があったらしく、そちらの記事では『KDDIから発売され、明日11日より予約開始される。価格は現時点では未定。』とある。

正直、この半年で冷静になってしまったため、現時点で購入する予定はない。
とはいえ、『強烈な印象を残す』『今手に入れておかなければいけない端末』 という感想もあるくらいなので、発売されたらどこかで実機を触っておこう。


スマートフォン | コメント:0 | トラックバック:0 |

新型 iPad Pro ( iPadOS 13 ) で、あの BTマウス を

これのつづき
とうとう念願の iPad で BTマウス を使えるときがやってきた。

iPadPro3 iPadOS13 マウス 12

実は、筆者が最も使いたかったマウスはこの MagicMouse ではなく、コレ。

iPadPro3 iPadOS13 マウス 21

さぁ!これを覚えているユーザはどのくらいいるのだろう?

その名は Mogo Mouse。
発売されたのは 2006〜2007年だが、2019年現在でも Bluetooth マウスの中では最も薄いマウスではないだろうか?

恐る恐るペアリングを試みると …。

iPadPro3 iPadOS13 マウス 22

来た!

よし、本格的に iPad mini 5 での利用を検討していくこととしよう!


タブレットPC | コメント:0 | トラックバック:0 |

[News] Microsoft、2画面 Android 端末を含む新 Surface を発表


5分でわかる新型Surfaceまとめ。正統進化だけじゃない、デュアル画面モバイルPCや2画面スマホも - engadget

現地時間10月2日、米国ニューヨークにて開催されたSurfaceイベント。マイクロソフトはその場でデュアルディスプレイ仕様のモバイルPC「Surface Neo」や手のひら大の2画面折り畳みスマホ「Surface Duo」など新型のSurfaceを発表しました。

2画面モデルはいずれも2020年のホリデーシーズン、つまり来年末の発売予定とのこと。

なんかいっきに発表されすぎてよくわからないが、とりあえず Surace Neo と Surface Duo だけ注目しておけばよいのかな?

とはいえ、Neo の方は 筆者が昔手を出して懲りた 2画面モノ に、とってつけたような純正キーボードがあるだけのように見えるので、ひとまずスルー。

どっちかといえば気になるのはやっぱり Surface Duo の方。

それは過去、同じ Microsoft により開発されながら世に出ることなく幻となった Surface MiniCourier を合体させたようなものか。

Courier がウワサされた 2010年頃なら、即購入だったが …。
(おぉ…、3年くらい前かと思っていたら、これ10年前なのかよ…)

つーか、『これは スマートフォン じゃなくて Surface だ』という発言はとても気に入っているのだが、じゃなんで 「Windows on Snapdragon」を使った「Always Connected PC」 じゃないのか。

まさか 夢見た UWP 対応の Windows 10 Mobile と同じく Windows on Snapdragon も葬り去るつもりなのか?

そもそも ARM ベースの Surface Pro X のところに、筆者の家でつい最近まで元気に動いていた Surface2 について言及があるのはよいが …。

まぁ確かに今の時代、フルOS を求める人は一部の人に限られてしまってきたので、Android ベースの方が数は出るとは思うが …。


筆者的にこのイベントは、Microsoft までもがハードである Android 端末を発売する時代となったことに意味があった。そう、時代は変わってしまったのだ。


とはいえ、どっちにしても発売は1年以上先の話だし。
その頃には 5G 的なポストスマホである「なにか」が出始めていることに期待しよう。


タブレットPC | コメント:0 | トラックバック:0 |

新型 iPad Pro ( iPadOS 13 ) でBTマウスはやっぱり …

長年続いてきた手抜き企画 が、とうとう …。

そう、みなさまご存じのとおり、今年の WWDC2019 の段階で判明していた 新iPad OS でのマウス対応

それをとうとう実機で確かめるときがきた。

筆者の真の目的はもちろん iPad mini 5 だが、ステージング環境である新型 iPad Pro 12.9インチ(← 金額考えると明らかに逆だろ)をさっさと iPadOS13 に上げて確かめてみるのだ!

この iPad と MagicMouse を並べた画像は、過去何回見たことか …。
ついに …。

iPadPro3 iPadOS13 マウス 01

そう、ここで過去ならペアリングのリストに出てこなかったところが …? !??

あれ???
今までと同じで ペアリング ができないじゃん!!

『まさか、これもβ版だけで塞がれたパターンでは …』なんてビビって速攻ググったところ、さすがにそれはなかったので安堵した。

「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「AssistiveTouch」→「デバイス」で設定すると。

『なんだ、そうかそうか。よかった…』と思ったのもつかの間。

その設定の説明に「Bluetoothおよびジョイスティックやマウスなどの支援用USBポインティングデバイスが使用できるようになります。Magic MouseおよびMagic TrackpadはBluetooth接続には対応していません。」

?????
『Magic Mouse は対応しません?????』

とりあえずやってみよう。

iPadPro3 iPadOS13 マウス 11 iPadPro3 iPadOS13 マウス 12

あれ?
ふつーにつながったしポインタも出てきた。

やべ … 意味がさっぱりわからないので、ちょっと勉強しよう。


タブレットPC | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |