FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

Philips Hue その4

つづき
ほぼ惰性。

いよいよ設定しよう。
iPhone にアプリをインストールする。
ところが。

Smart Hue 設定 02

アプリの評価が驚異の2点。
まぁ、とんでも評価の可能性もあるので、内容を見てみると …。

Smart Hue 設定 03

う゛〜ん。なるほど。
そのままちょっとスクロールすると …。

Smart Hue 設定 01

おぉ、アプリの第1世代なんてものがあるのか。
スマート電球の老舗でググると大量のレビューがあるので、こっちの方が色々と活かせそうだ。
ということで、こちらをインストール。

接続の設定は、ブリッジのボタンを物理的に押すだけ。

Smart Hue 設定 11

なるほど。

Smart Hue 設定 12

設定の基本は、ランプ単位で光量を各々設定する「ランプ」と、あらかじめ対象ランプ、ランプごとの色温度、光量を設定しておく「シーン」の2つ。
その2つの設定方法を、本アプリ、ウィジェット、AppleWatch、物理ボタン(Dimmer)、その他などからコントロールするという段取り、と整理できそう。

○ランプ

ランプごとに直接コントロールする。
3つランプがある例。

Smart Hue 設定 18

これはわかりやすい。

○シーン

プリセットされているシーン一覧。

Smart Hue 設定 12

もちろん、自分でも作れる。

3つのランプを色温度を低く、光量を小さく。

Smart Hue 設定 13
# 3つのランプのマークがかぶっているので1つしか無いように見えていますが。

それぞれのランプの光量を変える。

Smart Hue 設定 14 Smart Hue 設定 15

こんなカンジで「シーン」を定義する。

ただ、こちらは恐ろしく設定方法がわかりづらい。
今、上の色温度の設定する画面のスクショを撮り直そうと、新しくシーン定義してこの画面に行きたかったのに、行き方がわからない(汗

このあたりが、新しいバージョンのアプリでは直っているのかも。

さて、もちろんこれらの設定を本アプリから直接コントロールすることが可能なほか …。

・ウィジェットから

Smart Hue 設定 21 Smart Hue 設定 22

たぶんウィジェットからは「シーン」でしかコントロールできなさそう。

・物理ボタン(Dimmer)から

Smart Hue 設定 31 Smart Hue 設定 32

こちらは「シーン」「ランプ」の両方が可能らしい。

スポンサーサイト

総論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2018年2月、ニュースフラッシュ | HOME | Philips Hue 外観 その3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |