FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

ぼくのかんがえたさいきょうのがじぇっと その1

さて、ネタ一覧
というか、実現可能性の検証。

○ ベース

発想の一番根本にあるのは、この2台。

AFD2018 all 11

Zenfone 3 Ultra と GPD Pocket。

表面積がかなり似ている。

AFD2018 all 12

筆者はこの2台だけを持って歩く機会があるのだが、『これを1台にできないのかな…、PGD Pocket のディスプレイがピロンととれて、Android として動作すればいいのに。そうすれば厚さと重さを軽量化できるし …。』と。

AFD2018 all 13

○ メイン(Android) 筐体

上述のとおり、筐体の表面積は Zenfone 3 Ultra(6.8インチ)。
厚さやデザインのコンセプトは Xperia Z Ultra。

AFD2018 all 16

筐体のサイズ感のままディスプレイをベゼルレス化することにより、より大型ディスプレイにすることができるね、物理的には、という素人的発想。

はじめは逆に、Zenfone 3 Ultra のディスプレイサイズに合わせて筐体サイズの方を小さくするつもりだったのだが、後述するキーボードのキーピッチを維持する方を優先した。

WMC2018 までに発表された最新 Android がこんな状況 になっているわけだが、どれも 6.0 インチ以下。
百歩譲ってノッチをパクるのは見逃すとして、大きさまでみんな一緒とは …。

なお、画像では荒すぎて判別できないだろうが、実は CG 的にはノッチも仕込んである(笑

○ デュアルOS

元ネタは当然 Teclast

BT キーボード 71

これは Intel CPU を使って Intel Android を利用する形で、あくまでも デュアルブート。

TeclastX98Air3G 31 TeclastX98Air3G 32

これで、最低限「1台のマシンで Android と フルサイズ Windows を排他的ながらも起動する」ことは可能。

ただし動画のように「Android を起動中にいつでも動作中(もしくはサスペンドから)Windows に切り替え」はできない。

この実装を検討するにあたって2つアイデアがあったのだが、どちらを採用しようか悩んでいたとき、ちょうどそのとき後述するものがニュースになっており、また 1年前に話題となったこれ の存在を思い出し、以下の方式を採用した。
(この子は かなりアヤシい子 ということを、そのあと知った(汗)

○ Always Connected PC

常にネットに接続されている Windows という Microsoft の構想で、現在スマホの主流 SoC である Snapdragon を利用し、OS としては Windows on Snapdragon となり、従来の Intel 製 CPU ではなく ARM となる。

2017年12月、Qualcomm Snapdragon Technology Summit 2017 にて Snapdragon 835 を搭載した 12インチ 前後の いわゆる 2in1モバイルPC として ASUS、HP の2社から発表、年が明けた 2018年1月の CES ではレノボからも同様のコンセプトの製品が発表 された。「HP Envy x2」が一番最初の2018年3月に発売

Snapdragon 835 といえば、Android の Galaxy 8 シリーズ などにも搭載されているため、『どっちも動くんなら、デュアルOSにできるだろ』というド素人的発想により、構想の核となる。

最大の問題は、動画のように「カチッ」と Windows に切り替えることが可能なのか?
そのためには、どちらもメモリ上にOSが展開している必要がある。
やっぱり、ここに無理があったかな …(汗

つづく。

--
180515追記

マイクロソフト、ARM版Windows 10で64ビットアプリのサポート開始。ただし新SDKにより再コンパイルが必要 - engadget

ARM版Windows 10は公式には「既存のx86(32ビット)アプリケーションがそのまま動くWindows 10」とされ、裏返せばx64(64ビット)アプリケーションの動作については言及されていませんでした。

ARM版64ビットアプリが作成できるSDKの配布が始まれば、これまでのx64アプリがそのま動くわけではないものの、利用できるアプリの幅が大きく広がりそうです。


スポンサーサイト

Willcom D4 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ぼくのかんがえたさいきょうのがじぇっと その2 | HOME | エイプリルフール ネタばらし>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |