FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

全録機 Panasonic DIGA その4

つづき

■ 不満な点

スマートホーム DIGA アプリ 21

・番組リスト

再生する際の番組リストは「放送日時(新しい順、古い順)」「タイトル(あいうえお順、その逆順)」でソートが可能。

スマートホーム DIGA アプリ 16

いわゆる「まとめ表示(毎週放送する番組をフォルダ表示)」はできないようで、番組数が膨大になると探すのに時間がかかる。

なお、ここから番組の削除が可能だが、それ以上の操作(分割、部分削除など)はこのアプリ上ではできないようだ。

・安定性

リスト上で番組をタッチして再生しようとすると、ちょくちょくこの画面になる。

スマートホーム DIGA アプリ 32

もう1回リストに戻って再生すれば再生できることもあれば、そのあとしばらく本当に再生できない場合がある。
ナゾ。

あと、前回利用したあと他のアプリを起動していて、しばらくしてからまたこのアプリを起動しようとすると、かなりの確率でこの画面になる。

スマートホーム DIGA アプリ 31

このままホーム画面をダブルクリックして、常駐から消して再び起動すれば、再ログインすることなくいつものリスト画面に戻る。

これは作り込みの問題だろう。

あと、ときおり再生中に引っかかったり、いきなり上述の「再生エラーが発生しました」と出るのは、さすがに筆者の古い再生環境のせいだと考えている。

■ まとめ

昔は「旅行先にDVDポータブルプレイヤーを」なんてよく聞いたが、完全に スマホなりタブレット さえあれば再生できるようになったことで、荷物が大幅に減ることだろう。

そいえば、このアプリの出始めは Bluetooth ヘッドホンで再生できないというトンデモ仕様だったが、今なら SCMS-T 対応ヘッドホンを使用することもできるようになった。(筆者は SCMS-T 対応しか持っていないので正確には不明)

チャンネル録画の再生も可能なので、外出先で知人との会話中に『昨日あの番組見た?』なんて流れでも見ることができる。

ただし、さすがにこのモバイル利用の場合は、自宅に固定回線が必要だろう。
これが案外若い方には厳しいらしいが …。

自宅内視聴では、一人や二人暮らしくらいなら、iPad さえあれば大きなテレビは不要じゃないかと思う。

とはいえ、まだこのアプリだけでは、上述のとおり編集などはできないので本格的な「操作」をしたいときは HDMI 経由で画面を映せる「何か」が必要だが、ほどほどの大きさの PCディスプレイ でも良いだろう。

さらに筆者の場合、自宅では iPad の他、Xperia Touch でもよく利用している。

画質 6Mbps にすれば、Xperia Touch で 60インチ 程度に表示しても 3m 手前から見れば 目の悪い筆者的には全く問題ない。

またビックリなことに、自宅内なら HDMI 経由 の通常テレビ、iPad 、Xperia Touch の3台同時再生、なんてこともできる。

ディーガ 1台 あれば、膨大に録画された番組をまさにどこからでも視聴することができる。
これは買ってよかった。

スポンサーサイト

テレビ視聴 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<[News] 2018年3月、ニュースフラッシュ | HOME | 全録機 Panasonic DIGA その3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |