FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

[Retro] 古き良き時代へ イントロ

先日 PHS の一般向けプラン提供終了がアナウンスされた

PHS と言えば、筆者は 伝説の Willcom D4 を売っぱらったのが最後のようなので、もう10年近く前の 2008年。

Willcom D4 と VAIO TypeU 比較写真 03

一般的は、さらにもう10年前の『携帯電話の高い料金が払えないので PHS〜』みたいな時代しか記憶がないようだが、モバイラーにとってまだこの頃は現役だった。とどめを刺されたのはもう数年後。

P905i と BT8040

とはいえ、ほんと長い間「モバイルするならエアーエッジ(PHS)」という時代が続いた。
PHS の終焉というのは、過去にモバイルしてきた人間にとっては感慨深いものがある。


ちょうど良いタイミングだ。
筆者にとって、もう「今のモバイルの世界」は数年前に歩みを止めているようにしか見えない。

メーカは、もう次を見ていて、従来型の「モバイル」に投資をするつもりはないようだ。
次が期待された「ウェアラブル」も中途半場なスマートウォッチを含めて盛り上がりはイマイチで、従来型のプロジェクトは終了を迎えている。

きっと、5G によって IoT & モバイルの進化形といえる「次の何か」が登場するまで、今の状況は続くのだろう。


ということで、いったん「今の時代」である「スマホ時代」ともう一つ前の「先スマホ時代」の記録を残しておこうと思う。

筆者にとってのメインは PC で、あとはそれを通信機能含めて補助するもの。
その視点でモバイル年表を作成した。

レトロ モバイル年表4

上から通信方式、ケータイ、携帯情報サブセット端末(PDA、スマートフォン)、標準端末(PC)。

今の「モバイル」に大きな影響を与えたもの、逆に進化の過程で絶滅した系統など、モバイルの歴史を刻んだガジェットを選定して記録しておきたい。

「現在」から徐々に遡っていき、その「名機種」を再評価しよう。

スポンサーサイト

レトロ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<[Retro] 2012年9月発売、Apple iPhone5 | HOME | 今から ガラケー 契約を その2 >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |