FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

[Retro] 2009年4月頃、UMID mbook M1



かろうじて現在でも生き残っているカテゴリの歴史に残る、伝説の名機。

retro mbookM1 01


UMID mbook M1

・発売日:2009年4月頃
・カテゴリ:UMPC
・OS : Windows XP
・サイズ: 158 × 92 × 18.6 mm
・重量: 315g(メーカ公称)
・ディスプレイ: 4.8 インチ / 1,024 × 600 pixel
・通信:Wi-Fi a/b/g, Bluetooth

本メモブログ10年の歴史の中で、一二を争う興奮した機種だろう。

当時、フル Windows が動作する機種でダントツの軽量 315g(公称値)のみでなく、この AC アダプタ 端子をどうにかしようとがんばったり …。

retro mbookM1 06

最近でこそ Type-C の登場で USB 充電も知られてきたが、フル Windows 動作マシンで当時は驚異の USB 充電(しかも真の 5V 充電)が可能な 謎端子 をがんばったり …。

retro mbookM1 07

今ではほぼ絶滅仕様の取り外せるバッテリを韓国から取り寄せたり …。

retro mbookM1 08

その取替用バッテリを単独で充電できるコネクタの存在 …。

retro mbookM1 09

本当に楽しい機種だった。
もう、ここまで興奮できるガジェットはきっと現れないだろう。

ガジェットが悪いのではない。
それだけ、我々が変わってしまったのだ。

この 「UMPC」というジャンル。
今でもかろうじてごく一部のメーカによって延命されている。

retro mbookM1 02

もう mbook のような興奮は得られないだろうが、2017年、「キチンと使い物になる初めての UMPC」として GPD Win / Pocket が生まれた。

買い支えて、なんとか育てたい存在だ。

スポンサーサイト

レトロ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2018年夏、現行ファブレット候補 | HOME | [News] 2018年7月、ニュースフラッシュ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |