FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

2018年夏、現行ファブレット候補

ここでいうファブレットは、ディスプレイサイズが 6.4 〜 7インチ 程度で、服のポケットに入ることを想定し本体サイズの短辺が 95mm 以下に設定した巨大スマホとしている。

今でも元気に稼働中の Zenfone 3 ultra

iPhoneX 比較22 iPhoneX 比較11

ただ、これ以降ベゼルレスの流れが起きて、さすがにデザイン的に古くさく感じるようになった。
ということで、6.8 インチZenfone 3 ultra の画面サイズ前後のベゼルレス後継機種を探している。

今の主流はベゼルレスであることは間違いないが、iPhone X 以降 Android でも謎のブームを巻き起こした「ノッチ」の存在は賛美両論。筆者は、ノッチは無いに越したことはない、という立場。

ということで、「6.4 インチ以上」「ベゼルレス」までを必須としたスマホとして探していた際、ベゼルレス&ノッチレス、6.59インチ、ディスプレイ内蔵指紋センサの Vivo Nex S や、類似の Find X も 6.42インチ が見つかったわけだが、現行の Zenfone 3 ultra の 6.8 インチ から大幅に小さくなること & ノッチレスまで追求し謎機構を採用したからか中華スマホにしては高額だったため、購入を躊躇していた。

そこからさらに数週間が経過し、事前にリークされていた 6.99 インチの Xiaomi mi max 3 が 7月19日に発表、その数日後の8月2日、飛ぶ鳥を落とす勢いの Hauewi から 6.95 インチの「Honor Note 10」 が発表された。

ひとまずこの 2機種 に的を絞ることに。
なにせ、一つ前の「大物」の購入はなんだったか? を思い出せないくらい、物欲に飢えている。
中華リスクは承知で、あとはタイミングと勢いだけの状況となっていた。

そんなとき、あるネットニュースを見かけた。

『来た …。』

平日の朝だったため、慎重かつ短時間で情報を整理し、判断を実施した。
その結果。

「ぴーんぽーん!」

Xiaomi mi max 3 00

お、来た来た。

スポンサーサイト

タブレットPC | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Xiaomi Mi Max3 その0 | HOME | [Retro] 2009年4月頃、UMID mbook M1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |