FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

Xiaomi Mi Max3 その1(外観編)

つづき

まず最初に、本機は技適を受けていない。
つまり、日本国内で何らかの電波を発する状態で電源を入れてはならない。
これは法律だ。そこに意味を考えてはならない。
以下の画像は、日本国内では無い場所で撮影したものらしい。
繰り返す。ここは日本では無い。

まずは外観編。

Xiaomi mi max 3 11 Xiaomi mi max 3 12

尼で購入したガラスフィルムのサイズがどうも合っておらず、特に上部が浮き上がり汚く見える。
よりにもよってそのフィルムを貼る前の画像がロストしたため、そのイマイチな画像でメモする。

Xiaomi Mi Max3
本体サイズ :176.15 × 87.4 x 7.99 mm
重量:221g
ディスプレイサイズ:6.9インチ(IPS 2,160 x 1,080)

iPhone X との比較

本体サイズ :143.6 x 70.9 x 7.7 mm
重量:174g
ディスプレイサイズ:5.8インチ(OLED 2,436 x 1,125)

さすがにこれは別物。

Xiaomi mi max 3 21 Xiaomi mi max 3 22
# おぉ〜、iPhone X のガラスフィルムが割れてるじゃん …!

今秋出ると言われる iPhone X Plus も 6.5 インチ らしいので、さすがにかぶらないだろう。

そして何より …。

Xiaomi mi max 3 24 Xiaomi mi max 3 26

カメラ部分がクリソツ。
これなら、なんとなく iPhone X Plus もどきでイケそう。

Zenfone 3 Ultra との比較

本体サイズ :186.4 × 93.9 x 6.8mm
重量:233g
ディスプレイサイズ:6.8インチ(IPS 1,920×1,080)

本体サイズは、Xiaomi Mi Max3 の圧勝。
本体の厚みは Xiaomi Mi Max3 の方が厚いらしいが、丸みを帯びた今風デザインのおかげで圧倒的に Xiaomi Mi Max3 の方が薄く感じる。

Xiaomi mi max 3 31

問題は、ディスプレイ表示部。これは甲乙付けがたい。

ディスプレイ表示部の下側を合わせると、上側は圧倒的に Xiaomi Mi Max3 の方が長い。

Xiaomi mi max 3 32 Xiaomi mi max 3 33

だが、ディスプレイ表示部の横幅は Zenfone 3 Ultra の方が数mm 広い。

Xiaomi mi max 3 34

つまり、Xiaomi Mi Max3 は Zenfone 3 Ultra と比べて縦長のディスプレイといえる。
その縦長具合については液晶解像度の数字を見ればわかるが、表示部の横幅が狭いことは実物を比較して初めてわかった。

Xperia Z Ultra との比較

本体サイズ:179 x 92 × 6.5mm
重量:212g
ディスプレイサイズ:6.4インチ (1,920 x 1,080)

本体サイズとしては、厚み以外は Xiaomi Mi Max3 の方が勝ちだろう。

Xiaomi mi max 3 41

厚みはさすがに Xperia Z Ultra の方が薄く感じるし、しかも軽い。
発売日を考えると Xperia Z Ultra は本当に驚異。

とはいえ、ディスプレイ表示部を考えるとさすがに時代の差を感じる。

Xiaomi mi max 3 42 Xiaomi mi max 3 43

本体サイズと表示部のバランスは圧倒的。

Xiaomi mi max 3 44

Xiaomi Mi Max3 が そのまま Sony から発売されていれば、Xperia Z Ultra の正統な後継者を名乗ることができただろう。
二度とそのときは来ない だろうが。

さみしい限りだが、我々は現実を理解し前を見るしかない。

スポンサーサイト

タブレットPC | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Xiaomi Mi Max3 その2(設定編) | HOME | Xiaomi Mi Max3 その0>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |