FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

[News] 2018年10月上旬、ニュースフラッシュ

なんか10月に入ってどとーのニュースラッシュ。

まずはフル Windows 機種。


「異種2画面ノート」Yoga Book C930日本版は12万4800円から。SIMフリーLTE版も同時発売 - engadget

レノボ・ジャパンが、10.8インチカラー液晶+E Inkの2画面モバイルノートPC『Yoga Book C930』日本版を発表しました。Web直販での予約開始は10月12日から。価格はWi-Fiモデルが12万4800円(税別)から、LTEモデルが13万9800円(同)から。

お、恐ろしく値段が高くなったな …。
CPU の強化と E-ink ?

ここまでヘンタイ仕様を極められると応援したくなる気持ちでいっぱいだが、最大の問題は、絵を描かない筆者には全く必要性がないことなんだよな …。
それでも前機種と同じくらいの価格なら無駄遣いしても良いかも、とも思ったが、この金額では筆者の無駄遣い金額を大幅に超えている。

そもそも …。


「GPD Pocket 2」開封レビュー! 初代Pocketとの比較も - ITmedia

7型の超小型ノートPC「GPD Pocket 2」が10月3日、筆者の手元に届いた。クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、8月に始まった先行予約販売の1800台の枠の最後に滑り込んだ形だったが、予想外に早く着弾した。

確実に使い道のあるこっちをポチり済みだから。

あー、ちゃんと支援した人にはもう届いているのか。いいなー。

前機種では、(キーボードを除いて)ハードの作りは素晴らしかったが、ファームがややアレでサポートがちゃんと欲しいなと考え、筆者は正規代理店でポチっている

予定通り10月下旬に届けばいいけど …。

次にスマホ。


ソニー Xperia XZ3、11月に国内発売 まずauが取り扱いを発表 - engadget

auは、ソニー「Xperia XZ3」を11月上旬に発売します。Xperiaシリーズは例年3キャリアが取り扱っており、NTTドコモ・ソフトバンクも順次取り扱いを発表するものと思われます。

そのあと SB も発表しており、ドコモも 10月17日の新製品発表会 で発表されるものと見込まれているようだ。

あまりにもカマボコだったのに ベタ褒めだった XZ2 の提○記事を書いたこと を皆忘れるくらい、XZ3 は薄くなったー、スタイリッシュなったー と、やっと時代に追いついた Xperia。

問題は、どこにも Compact の情報がないこと。

Compact はいつもドコモからしか発売されていないのでまだ望みは無くはないが、「製品」の発表があった IFA2018 で発表されていないところを見ると望み薄。

未だ現役の筆者の Xperia SX はもう限界だぞ。
うにょ。


Google製スマホ「Pixel 3」実機ハンズオン - engadget

トリプルカメラを搭載していたり、ペンを内蔵していたりする他社のAndroidスマホと比べても、ハードウェアは"普通"な印象があります。こうした点から、ハードウェアはあくまでAIやソフトウェアの力を引き出すための"器"であると考えていることが見て取れました。

ハードウェア好きとしてはどこか寂しい印象も受けました。ハードウェアのワクワク感に関しては、iPhoneや他のAndroid端末が一歩リードしている感がありました。やはり、餅は餅屋といったところなのでしょうか。

別記事にも、「広告的価値を高めるためにサービスの応用範囲や利用者数を増やすことに興味はあっても、ハードウェアを含めた体験の質を高めることにはあまり向かっていない」とあるが、この文の頭に「収集した個人情報を駆使して」を付ければ筆者も同じ感想。

ちょうど同じタイミングで …。


ワクワクするスマホ「moto z3 play」がモトローラから登場したので触ってみた - engadget

本機の特徴は、現在発売中のmoto zシリーズ専用の拡張モジュール「moto mods」に対応するところです。
この「moto mods」によって、厚みや重みは増しますが、多種多様な機能を持つスマホへと簡単に変身させることができます。

この子の最新機種が発表。

この moto mods 構想が出た頃から、度々『この発想は好きなんだけどな〜、肝心の本体がイマイチなんだよな〜』と考えていた moto z シリーズ。

例のQWERTYキーボードなんと市販化キャンセルになっていた事実 を受け止められないのと、ポインティングデバイスがどうにかなれば即購入なのだが。



Google による Web2.0、 Apple の iPhone の登場で、「拡張」という概念が「ハード」から「ソフト」へと変わった。
それはそれでもちろん素晴らしいイノベーションだったのだが、なにか物足りない。

やっぱり「ハードの拡張」が欲しいのだ。

しかし、この考えはどうやら古い人間にしかないようだ。
moto mods のキーボードがそれを改めて証明してしまった。

やはり懐古主義に浸るしかないようだ …。

スポンサーサイト

総論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<[News] ドコモ、2018-2019年冬春モデル発表 | HOME | 21万6千円の価値は?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |