FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

[Retro] 2009年1月頃、Sony VAIO P / TypeP その2

つづき

一応 VAIO P を UMPC として見たとき、2018年現在で比較するとなるともちろんコレだろう!

retro VaioP 13

そう!GPD Pocket !

「ぷ〜wあれれ〜!?なんで 1 なの〜ww」という声が聞こえそうだが、決してまだ GPD Pocket 2 が筆者の手元に届いていないからではない!

retro VaioP 12

そう!トラックポイント!
どちらも ポインティングデバイス として トラックポイント(もどき)を採用していることが重要なのだ!!
そうなのだ!

あとはもちろんキーボード。

VAIO P のキーピッチは 16.5mm、GPD Pocket 1 は 16mm (と言われている)。
キー配列は、VAIO P が日本語配列時で 106/109 準拠、GPD Pocket は言わずもがなの謎配列。

もちろんそれは 重さ(VAIO P 588g / GPD Pocket 480g)や、フットプリントにも表れているとおり、そもそも VAIO P を「UMPC」扱いしていることが間違いといえば間違い。

retro VaioP 11

また VAIO P の面白いのが、VAIO Type P にはなくて VAIO P にあるもの。

retro VaioP 05 retro VaioP 06

トラックポイント(もどき)の他に、ディスプレイの左右の空きスペースにもポインティングデバイスがついている。
テーブル等に置いて使うノートPCスタイルではなく、両手で本体をつかむスタイル時にキーボード側ではなくディスプレイ側をホールドする、ということらしい。

これは、むしろ GPD Pocket 2 に近いのかもしれない。
8年以上前に、原形を見た思いだ。



にしても今振り返るとこの VAIO P。
VAIO が VAIO らしい最期の VAIO となった。
このネタ、あまりにも久しぶりなので振り返っておこう。

レトロ モバイル年表4

「VAIO 株式会社」が設立された際にはかなり期待したが、なんともう4年以上も前 のこと。
いつまでも未練がましく元カ○のことを … というやつだ。
キッパリ忘れてあげるべきだろう。



… とかいって、このネタは今後 VAIO がジャンジャン出てくるけどね。

スポンサーサイト

レトロ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Apple Special Event October 30, 2018. 拝聴 | HOME | [Retro] 2009年1月頃、Sony VAIO P / TypeP その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |