FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

Station Work を試してみた その2

Station Workつづき

event181128 11

iPhone で画面を開きながら、お姉さんに近づく。

『すみません〜』「あー、ご予約されてるんですか〜?」『そです〜』「じゃ、ここを押してもらって〜」と。

公式サイトの「STATION BOOTHのタッチパネルをタッチするとQRコードが表示されます。スマートフォンで読み取ると開錠しますので入室してご利用ください。」のとおり案内される。

なんとなくこの手のは、スマホ側に QR コードが表示されてブース側にあるカメラに向けて … というのがイメージだが、その逆。

iPhone 側が読み取りカメラ的なモードになっているので、ブース側のタッチパネルに表示された QRコード を円の中に入れると、ドアが「カチッ」と開く音がした。

「どぞ〜」

event181128 21

お〜。

event181128 22 event181128 23

寝床に入るドラ○もんの気持ちが味わえるほどの素晴らしい密閉感。

正面。

event181128 24 event181128 28

なんか外付けディスプレイがある。
端子は HDMI(オス)と USB(標準Aオス)。
… USB はなんだろ?

というか、今この画像をみると ディスプレイポート を HDMI に変換しているみたい。

コンセントはココ。

event181128 25

コンセントひとつと USB 充電ひとつ。

event181128 26

5V1.5A。

注意書き。

event181128 27

食事は禁止らしいがドリンクは OK の模様。
今画像を見ると、ここにも Wi-Fi の パスワード が書いてあった。

紛らわしい AP がいっぱいあって、何も見ないで急いで設定しようとしていたので、それだけで10分くらい費やしてしまった。

公衆無線LAN への接続率が半分を切っている相性問題がひどい 我が MacBook でも、ちゃんと設定すればサクッとつながった。

event181128 31

しかも爆速。

ちゃんと服を掛けるところもある。

event181128 29

素晴らしい。
MacBook を置いてみた。

event181128 30

こんなカンジ。

15分だけ利用させていただき、文句はひとつだけ。

とにかく中が暑い。

注意書きにもあるとおり暖房器具は足下にあるのは確認したが、むしろ冷房が欲しいくらい。

品川と新宿はもろに改札階にあるのでこれからの季節は寒くなるのかもしれないが、東京は地下にあるので冬でもそれほど寒くならないっぽい。

ブース内を見渡しても空気が循環する仕組みがなさそうなので、空気が籠もるのだろう。
前の人がアレだと … うにょにょ。

ひとまず実証実験は2月までなのでそこまで問題にはならないだろうが、実験がうまくいって本格サービス開始となった場合は対策が必要だろう。


スマホで空き状況をリアルタイムで確認できるし、『30分後に使いたいな〜』というときにサクッと予約できる程度の混雑状況ならこれは使える。

ド○ール や サンマ○ク で最安ブレンド 220円 で1時間利用する場合と比較すれば、1時間200円ならバンバン使うだろうな。

スポンサーサイト

旅情 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GPD Pocket 2 その1(外観編) | HOME | Station Work を試してみた その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |