FC2ブログ

eDiho's Memogram blog

eDihoのモバイル関連のメモblogです。 あくまで個人的なメモです。

[Retro] 2008年7月、iPhone3G

先日報道された、我らが アイブの Apple 退社のニュース は衝撃だったが、今後も Apple との関係は続くらしいし、当面大きな変化は起きないだろう。長期的にはわからないが。

さて、それくらいしかニュースはないので アレをつづけておこう

レトロ モバイル年表4 retro iPhone3G 11


iPhone 3G

・発売日:2008年7月11日
・カテゴリ:スマートフォン
・OS : iOS(当時 iPhone OS)
・サイズ: 115.5 x 62.1 x 12.3 mm
・重量: 133 g
・ディスプレイ:3.5 インチ / 320×480 pixel
・通信:3G / Wi-Fi(b/g), Bluetooth 2.0 + EDR

とうとう「そのとき」まで遡った。

モバイルの歴史を「近代」と「現代」で分けるとするならはここが「現代」の始まり、境目となるだろう。

当時ひとりの「天才」は「電話を再定義した」と言っていたが、10年経った今から振り返れば「そのとき」は「人のライフスタイルを再定義」することになる地点。

とはいえ「そのとき」は、こと日本においては1年遅れでやってきたのはご存じのとおり。
なので、まだその序章。

ただ一点、極めて重要な機能は、このときやってきた。

○ App Store

日本においては初代となる iPhone 3G リリース時にすでに使えていたのであまり意識されていないが、App Store は iPhone 3G 発売の2008年7月10日にサービス開始 している。

iPhone は、すでに存在する複数のテクノロジについて、それぞれをユーザ目線で洗練させ、それらを有機的に組み合わせて「イノベーション」したわけだが、「App Store」の存在は間違いなく今の「スマホ時代」を形成することになる最も重要な機能のうちのひとつ。

ただの「アプリストア」であれば Nokiaの特許
そもそもガラパゴス日本にも iアプリストア が存在していたし、Apple も参考にしていたという。
さらには、iPhone 本体側としては、すでに 初代 iPhone(オリジナル iPhone)の iPhone OS 1 時代に JailBreak の「Cydia Store」で実現 していたし(笑

今の App Store の特徴は以下のとおり。

・アプリのインストールは App Store のみに制限
・App Store への登録は審査が必要
・アプリ作成は Xcode による SDK を利用して作成

上記2点についてはメリットデメリットがあり、今となってはその判断は「成功」だったということになるのだろうが、筆者も当時は『全アプリの審査なんてムリだろ〜』『Apple のさじ加減一つじゃーん』と考えていた。
事実、「App Store 独占」は今でも煙がくすぶっている。

ところが3点目についてはメリットしかないし、しかもデザインを重視する Apple ならではの特徴もあった。

当時、コアとしては iOS よりも前に存在していた Android OS が iPhone の登場によって今のように「スマホ向けOS」として提供を開始 した頃、「Android Market(今の Google Play)」に並ぶアプリたちは、デザインもインタフェースもバラバラで、見た目も「とりあえず作りました」的なものが多かった。

ところが当時から iPhone の AppStore に並ぶアプリたちのインタフェースは統一され、デザインも一定の美しい統一されたものになっていた。

使い側からしても、作る側からしても、これは大きなメリット。

この結果として、App Store は ジョブズの想像を超える ほどの規模となり、「スマホ」が確立し、我々の生活も一変することとなる。

# 今にしてみると、任天堂の「ファミコンとカセット」についての戦略に対するソフトウェア版みたいだね。


スポンサーサイト

レトロ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<[Retro] 2007年9月、iPod touch 第1世代 | HOME | [News] 12インチ MacBook 販売終息>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |